3D+VR映像のご案内

  • HOME
  • 3D+VR映像のご案内

震災遺構 3D+VR映像 公開

気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館は新型コロナウイルス感染拡大防止のため外出自粛をしている方が、ご自宅などに居ながら震災遺構の気仙沼向洋高校旧校舎を見学していただけるよう一般社団法人VR革新機構のご協力のもと、高画質画像を撮影いたしました。

  • PCやスマートフォンから3DビューやVR映像で実際に震災遺構を歩くように360°自由に見ることができます。
    (VR映像鑑賞にはVR専用ゴーグルもしくはVRメガネが必要です)
  • 3Dビュー+VRビュー
    画面の左下にある4つのコマンドで画像の切り替えができます。左からドールハウスのように3D画面に切り替わるコマンド、平面で間取りが見られるコマンド、見たい階層が選択できるコマンド、計測ができるコマンドがあります。
    3D画面上で見たい部屋をタッチ(クリック)すると、まるでその部屋に飛び込んだかのように館内を360°自由に見学できます。
  • アクセス後、「モデルは使用できません。問題が解決しない場合は、トラブルシューティングガイドを参照してください」とメッセージが表示された場合は、大変お手数ですが、パソコンやスマートフォン等のキャッシュデータを削除していただくようお願いいたします。
    (※キャッシュ削除はお客様の自己責任で行っていただくことになりますので、ご了承ください。)
  • 配信期間:令和2年6月13日(土)から令和2年12月31日(木)まで。